新野安と夜話のブログ

新野安がマンガやエロマンガについて文章を書いたりするブログ。Webラジオ「エロマンガ夜話」「OVA夜話」の過去ログ紹介も。

2018年07月

毎回1つの成人向けマンガを選んで語り尽くすWebラジオエロマンガ夜話。
 第53回では、コミケ直前スぺシャルということで、上藤政樹『美少女探偵対怪人エロ面相』を、レギュラーメンバー

新野安@atonkb
ひかけん@hikaken
まいるど@mairanaid

およびコミケで刊行する評論誌にも特別寄稿を頂いた、ゲストのマンガ研究者泉信行@izuminoさん

で語ります。

ラジオの中でも宣伝しているエロマンガ評論本『〈エロマンガの読み方〉がわかる本』の目次・サンプルも公開中。
コミックマーケット94三日目、東ナ16-b「夜話.zip」にて頒布予定です。買ってね!

kamitou








音声ファイルはこちら。





 キーワード:tosh/『〈エロマンガの読み方〉がわかる本』/稀見理都/永井豪/『やわらか忍法SOS』/『怪傑ズバット』/『ひぐらしのなく頃に』/『スケバン刑事』/『少女探偵麗美』/『新世紀エヴァンゲリオン』/魔夜峰央/『パタリロ!』/ミステリ/星野之宣/『地獄先生ぬ~べ~』/虹の旅出版/フェアリーセイバー/『グインサーガ』

補足・訂正1:新野が「コミックマーケット84」って言ってますが「94」の間違いです…

補足・訂正2:冒頭で新野が喋っている「棚にずっと並んでいる上藤政樹」のイメージは、恐らくとらのあなではなくまんだらけで見たものだと思われます。失礼いたしました。


次回は予告通り墓場先生の『けだものの家』を扱います。

リクエストやお便りはこのブログのコメント欄か、ツイッターのリプライ・DMなどで受け付けております。どしどしどうぞ。

2018/08/26:重版出来!第二刷を現在メロンブックスに委託しています。文学フリマ・冬コミ等秋以降のイベントでも頒布する予定です。また、第一刷の誤字が修正されています(DL版でも修正版が再ダウンロードできるようになっています)。修正箇所については、この記事の正誤表をご覧ください。

2018/08/16:コミケ94は終了しました。予想を超える生協で昼頃には完売してしまいました。スペースにいらっしゃっていただいた皆様ありがとうございます。現在は電子書籍版がBOOTHで配信中です。委託は現在検討中。
2018/07/28:本文サンプル&序文全文を公開しました。

コミックマーケット94三日目に、エロマンガ夜話がサークル「夜話.zip」として参加します。

エロマンガ評論集『〈エロマンガの読み方〉がわかる本』を頒布する予定です。

表紙:

wakaru_H1

表紙イラスト:たけのこ星人 表紙デザイン:日村克美

目次:

  • 序文 エロマンガ批評宣言 新野安(@iorin_r_18) 全文公開中
  • 稀見理都(@kimirito)ロングインタビュー エロマンガ研究の可能性
  • 山本直樹『BLUE』論 山本直樹とマンガのアイロニー 高田敦史(@at_takada)
  • ゴージャス宝田『キャノン先生トばしすぎ!』論 思い出を共感に開くために 新野安
  • tosh『めんくい!』論 本当の美少女漫画の話をしよう―高嶺の花のエネルギー 泉信行(@izumino)
  • たけのこ星人『カクセイ彼女』論 新本格エロマンガ、形式との戯れ 新野安
  • 井雲くす『僕だけの夕闇』論 失われない童貞を求めて まいるど(@mairanaid)
  • すずはねすず『魔獣浄化少女ウテア』論 悪堕ちの先にあるもの ビーマス(@bmas_sorau)
  • 御免なさい『だから神様、ボクにしか見えないちいさな恋人をください。』論 ロリコンの本懐 ひかけん(@hikaken)

頒布形態(予定):

本文146P・白黒
コミックマーケットC94三日目(8/12) 東ナ16b 夜話.zipにて頒布(webカタログ
↑夏コミ頒布分は完売しました。
頒布価格 一冊1000円
メロンブックスにて委託販売中
BOOTHにてダウンロード販売中

本文サンプル(Webサンプル用に画質を落としています)
序文サンプル(全文読めます)


内容について:

名作エロマンガ7冊を選び、それぞれの作品論を収めています。

目の前のエロマンガ作品について、とにかく「なぜこんなに面白いのか」を徹底的に考え、「より面白くエロマンガを読む」方法を探る、そんな本を作ろうというのがコンセプトです。
そのため、本書では名作エロマンガを7冊選び、一冊ずつ取り上げてネチネチと長文で考えた論考を収録しました。

以下、個々の記事を簡単に紹介します。

序文 エロマンガ批評宣言

だいたい上に書いたようなことを本書のマニフェストとして書いた文章です。ノエル・キャロルやアーサー・ダントーといった美学者の議論を参考にしつつ、本書が目指す「エロマンガ批評」について新野が説明しています。

稀見理都ロングインタビュー

昨年稀見さんが刊行なさった二冊のエロマンガ研究書(『エロマンガノゲンバ』『エロマンガ表現史』)を中心に、稀見さんの考える「エロマンガ研究の可能性」を聞いた20p超の超ロングインタビューです。もちろん、『表現史』の北海道での有害図書指定についても聞きました!

山本直樹とマンガのアイロニー

『フィルカル』にアメコミヒーロー論の寄稿もある、分析美学者の高田敦史さんによる山本直樹『BLUE』論。グレゴリー・カリーが提案した「アイロニー」の概念を軸に、『BLUE』から『レッド』まで、山本直樹の作家性を論じます。分析美学の概念を使ったエロマンガ論というなかなか類のない試みです。

思い出を共感に開くために

新野のゴージャス宝田『キャントば!』論。「エロマンガ愛」を謳うように見える『キャントば!』。しかしそこで言われている「エロマンガ」は、今我々が考える「エロマンガ」と違うものだった?エロマンガの歴史を参照しつつ、『キャントば!』の普遍的な感動の秘密を探ります。

本当の美少女漫画の話をしよう―高嶺の花のエネルギー

マンガ表現論を刷新した著書『漫画をめくる冒険』で知られる、マンガ研究者泉信行さんによる特別寄稿、tosh『めんくい!』論です。「高嶺の花」ヒロインの魅力を、「そのエネルギーがどのように高められるか」という観点から論じます。付録として快楽天における美少女表現の統計的分析も収録。

新本格エロマンガ、形式との戯れ

新野のたけのこ星人『カクセイ彼女』論。「本格ミステリ」を脱構築した「新本格ミステリ」のように、「エロマンガ」の形式を解体した「新本格エロマンガ」、それが『カクセイ彼女』だ!「エロマンガあるある」をいかにたけのこ星人が組み替えていったかを分析します。

失われない童貞を求めて

まいるどの井雲くす『僕だけの夕闇』論。童貞キャラを好んで描き続ける井雲くす。しかしそこで描かれる「童貞」は、実は肉体的に捉えられているものではないのではないか?井雲くすの「童貞」の内実を考える文章です。

悪堕ちの先にあるもの

ユリイカへの寄稿もあるビッチ研究者ビーマスさんによる、すずはねすず『ウテア』論。キルタイムらしい魔法少女悪堕ちものに見える『ウテア』は、実は悪堕ちのその「先」を見せたことにこそ価値がある。「悪堕ち」の基本的な在り方を確認したうえでその向こう側を探索する論考です。

ロリコンの本懐

ひかけんによる、『だから神様、ボクにしか見えないちいさな恋人をください。』論。御免なさいはロリマンガ家としては珍しく、滅多にランドセルを描かない。それはなぜか?「ロリコン」と「恋愛」、そして「ランドセル」の三角形を巡り、御免なさい先生の世界観を解き明かします。

以上、取り上げた作品のファンの方はもちろん、エロマンガ好きや、マンガ評論に興味のある方など、広く面白がっていただける内容になっていると思います。エロ同人誌を買い終わった後にでも、ぜひぜひ東ナ16b 夜話.zipへのお立ち寄りよろしくお願いいたします。

※正誤表

第一刷→電子版で訂正された間違い:

・奥付 新野の謝辞に「こんさん」追加:ミステリ関係のアドバイスをいただきました。

電子版→第二刷・電子版ver.1.02で訂正された間違い:

・p.13 「せみもぐら」→「由家」:サークル名「せみもぐら」と作家名「由家」の取り違え。由家先生には大変失礼いたしました。お詫び申し上げます。
・p.18「せみもぐら」→「由家」:同上

↑このページのトップヘ