※これは2018/11/25に行われたイベント「第二十七回文学フリマ東京」にて、サークル「夜話.zip」で無料配布したペーパーの中から、ひかけんが書いた記事のみを転載したものです。ペーパーのPDF版はこちら。

unreal


今月号(二〇一八年十一月刊)から、エロマンガ雑誌『コミックアンリアル』の表紙絵師が変わった。アンリアルといえば、モグダンの描く乳首の透けた爆乳人外女性の表紙絵を連想する人も多いと思う。創刊から
12年間、75冊の表紙絵を一貫して担当していたモグダンだが、前号のあとがきにて「今回でアンリアルの表紙は最後です」ときっぱり書いているので世代交代ということだろう(ありがとうございました) 。

さて今号の表紙は佐藤空気が担当した(図) 。それこそ村田蓮爾以降の「快楽天」方式で、 表紙絵は持ち回りになるかもしれないが、今号は佐藤空気の連載「愛聖天使ラブメアリー」の最終回掲載ということもあって、ヒロインの朝比奈あかり(サキュメアリップ)が表紙担当になっている。

「愛聖天使ラブメアリー」は、二〇一七年七月刊から全九話で連載された、コミックアンリアルにほぼ毎号載っている「魔法少女に変身して戦うも、魔物に捕らわれてエロいことをされる」タイプの物語だ。ただ、このマンガには戦闘シーンがほぼない。全部で三人の魔法少女が登場するが、いきなりラスボスの堕邪神エルゼアムと対峙するため、みんな敵を倒すどころか攻撃モーションすら見せないままに拘束され、 ラスボスに調教され記憶を消され、 のローテーションの中で堕とされていくのがお決まりのパターンになっている。メインヒロインの朝比奈あかりはとても強い魔力を授かったのだが場馴れしておらず、封印されていたラスボスの完全復活のためにその魔力を利用され、途中悪堕ちして他の二人の洗脳調教に加担するようになる。

「ラブメアリー」について何を特に語りたいかというと、ヒロインの一人・真尋ゆづきが男の子であるということ。そして、悪堕ちして女の子になるという展開についてだ。

ゆづきもお決まりの展開で敵方にとらわれて、まず男性としての機能を利用される。魔力を持ったゆづきの精液にエルゼアムが瘴気を吹き込み、それをあかりの体内で射精させることで、防御力の高いあかりを悪堕ちさせようというのだ。ここであかりが強烈な快楽の果てに悪堕ちするのに対し、ゆづきは快楽に翻弄されるものの悪堕ちには至らない。役目を果たしたゆづきへ何故か触手アナル責めが始まるところで第五話が終わる。

第六話でゆづきはラスト、引きの一コマまで登場しない。一話分登場しない間も調教を受け続けているというこの設定が、連作というフォーマットを上手く生かしている。第七話は一話まるまる
20ページをかけてじわじわとゆづきを女体化するという趣向になっていて、男性器が縮み、乳房が形成され、髪が伸び……といった描写がじっくりと描かれる。それでも正気を保ち続けたゆづきに、悪堕ちしたあかりは自らの受けてきた快楽をゆづきに追体験させ、堰が切れたかのようにゆづきが自ら「女の子にしてくださいぃっ」と叫ぶと、全身を瘴気につつまれたゆづきが妖艶な美少女になって表れる。

マンガに限らず男性向けエロコンテンツにおいて、 「そもそも肉体的なレベルで、女性が感じる快楽は男性より(遥かに)強い」という物語上の信仰が現れることがある(それを読者や作者が現実に信じているかはともかく) 。例えばレイプモノで「感じてしまう」といった描写はフィクションに過ぎないのだが、読んでいる間だけそれを真に受ける雑なエクスキューズとして、この信仰が機能することがあるだろう。アンリアルが得意とする女体化モノの作品もこの前提が重要で、男性読者から見て得ることのできない快楽への希求がエロさの推進力となっている部分はある。

「そうか、責められ続けた末にひとは女の子になってしまうのか」(ファンタジーです)……という感慨があったのは、ラストでゆづきもエルゼアムの子を産む存在になる、という物語上の要請ももちろんある一方で、あかりの快楽を追体験することが堕ちのトリガーになるという描写に 「女性の快楽への信仰」 の強さを感じたからだ。第八話後編(最終話)であまり「元男性」という設定が生かされず、なぜか単純に男性器が再び生えてきたりしていたのが少し残念だったのだが、第七話の丁寧な堕ち過程は全編を見ても見応えのある描写だったので、来年発売の単行本ではぜひ注目していただきたい。

ここまでまったく触れていない三人目のヒロイン・真尋ゆり(ゆづきの妹)が終盤で悪堕ちするスピード感は潔いほどなので(台詞回しもギャグにふっている感がある) 、最後は単純にページ数が詰まってしまったのかもしれない。それだけゆづきの堕ち描写に力を割いていただいたということで、女体化モノウォッチャーとしてはありがたい限りでした。