新野安と夜話のブログ

新野安がマンガやエロマンガについて文章を書いたりするブログ。Webラジオ「エロマンガ夜話」「OVA夜話」の過去ログ紹介も。

あけましておめでとうございます。新野安です。


2018年はアウトプットが増えた年でした。なんといっても夏から始めた同人活動で、『〈エロマンガの読み方〉がわかる本』『〈エロマンガの売れ方〉がわかる本』と二冊の本を執筆・編集したことに、これまでの活動を形にできた満足感がありました。稀見さん、泉さん、たけのこ星人さん、へどばんさん、自分が強く影響を受けた方々に仕事をお願いできたのも嬉しかったです。また雑誌では、『ユリイカ』の岡田麿里特集・山本直樹特集、『フィルカル』の推論主義企画、『マンガ論争』の2018年マンガ総括企画に参加しました。特に山本直樹特集に寄せた論考は、以前から自分のテーマとして持っていたエロマンガ史の捉え方を文章化する機会になりました。さらに、文フリのペーパーで『ガラスの仮面』、ブログで『serial experiments lain』と、自分のフェイバリット作品に関する文章を発表できました。

2019年も同人活動は続けていく予定で、早速夏コミに向け準備を進めております。また、文フリで発表した『ガラスの仮面』論に「①」とナンバリングをしましたが、このシリーズは今後も書き継いでいきます。今年も一般・18禁問わずいろいろなテーマで語っていきたいです。よろしくおねがいいたします。

前置きが長くなりましたが、2018年エロマンガベストテンを発表したいと思います。去年同様、無理に順位をつけずベスト10を挙げます。「エロさ」も、いわゆる「ストーリー」の面白さも、どちらも(エロ)マンガの魅力であって、面白ければOK。というスタンスをベースに選びます。当然ですが、私が読んだ作品から選んでいます。網羅的に2018年のエロマンガをチェックしているわけではないので、その点ご了承ください。


・きぃう『なんでも調査少女+』


 b182asnw00405pl


『マンガ論争』で同人誌発の商業単行本をテーマに文章を書きましたが、同じ枠からの一冊。
「エロのわんこそば」とでもいうべきか、数ページ1シチュエーションを超速で連続に叩き込みまくる。
即堕ち2コマイラストにも近いですが、きぃう先生の濃いエロ演出によって、個々のおわんのカロリーは非常に高いです。一気に食べて胸焼けしましょう。


・香吹茂之『搾精女子』


sakusei


香吹茂之先生が展開してきた狂気のような数式群、今回はSM×本格ミステリです。「雄鳴館殺人事件」シリーズを収録しています。
あまりにも真面目にパロディした結果対象と同化してしまうのが香吹作品の美点ですが、今回もさりげない伏線とロジカルな謎解きでしっかりしたミステリに仕立てています。
麻里邑圭人さんも指摘されてるごとく謎や真相の見破り方がエロマンガ的で面白いんですが、ネタ自体は実は既存の本格にも出てきたりしますよね?アレとか。ともかく、作者の新たな代表作でしょう。続編希望!


・ここのき奈緒『PIECES』


dmmmg_0947pl

 

全員妊婦さん!まずこの攻め攻めな表紙が素晴らしい。
ここのき奈緒先生の絵柄は非常に端正で華麗。その印象とヒロインたちの重そうでずっしりしたボテ腹のギャップにやられます。
また、快感によってヒロインの精神が理性の境界を超える、陶酔の演出が見事です。お話のバラエティも豊かで飽きさせません。


・無望菜志『魔剣の姫士』


81IeQRxdIEL


触手純愛大ファンタジーロマン。ページ数の不足から不完全燃焼に終わった『Tentacle Lovers』(2008)の完全版という趣です。
「世界と仲間を救うため多くのキャラクターが次々集まり力を貸してくれる」シチュエーション(「私を忘れてもらっては困るな!」みたいなやつ)、そこにともなう友情・愛情・熱血。
ちょっとエロマンガに載せられなさそうな感情をセックスの最中にブチ込む力技に、何を読んでるのかわからないままテンションは上がる怪作&快作です。もうちょっと長く読みたかったかも。


・高津『人妻Aさんと息子の友人Nくん』


A1eLRaH9LKL
 

読んだ時、「ポスト山文京伝だ!」と思いました。
隠れてのセックス「隠姦」がテーマと帯にありますが、隠れるスリルより、セックスしながら同時に母としての顔を子供に見せる、二面性を同じ場面に併存させることがポイント。作品は引き裂かれたヒロインの内面に潜っていきます。
あと、精液が溜まったコンドームに婚約指輪を入れるシーンは間違いなく2018年瞬間最大風速記録でした。今年色々ありましたが、高津先生は実力ある方だと思いますので、復帰を楽しみにお待ちしております。


・猿駕アキ『FORK IN THE ROAD』


 513jzAv7KqL

「それが面白いのは知っとるわ!」と寝取られ好きの声が聞こえますが、まあ単行本で初めて読む方もいるでしょうし、加筆修正入ってますから。
名作同人誌の商業化。いわゆるマジカルチンポで堕ちるタイプの作品とは一線を画し、遠距離恋愛や社会的地位の差など外堀のすれ違いから浮気への流れを構築しています。
元はかなりラフな画風なんですが、全面的に書き直されて読みやすくなってますので、これから読む方は是非単行本版をどうぞ。


・ふくまーや『ふわとろ』


 815uTVTa6cL

今年一番ヒロインに魅せられた一冊。
「ザ・美少女」的イメージから微妙にズレた、しかしそのズレが最高にかわいい女の子。短いページ数の中で、彼女たちの魅力を説得する「殺しのコマ」がきっちり用意されています。
個人的に印象深いのは短編「未体験ゾーン」、一緒に突っ込みながらバカ映画を観てたらなしくずしで……というシチュが、ツボに入りすぎて思考盗聴を疑うレベルでした。


・越山弱衰『艶事に染まる』


 71Q70ejNNdL

同人誌で見て以来待ちに待った越山先生の初単行本は期待に違わぬクオリティでした。
まず、顔や体型に憂いや疲れを感じさせる熟女さんたちのキャラクターデザインが素晴らしい。複数回射精も含むじっくりした責めに晒されて、ぐったりした彼女達を捉えた大きなコマが印象的です。
また、短編「師妻艶武」は、限られたページに「実はヒロインは間男と関係を持っているのでは?」と焦りを誘うパートをきっちり入れ込んでます。寝取られはクライマックスになる間男とのセックスシーン以外にも勘所がいろいろあって、短編エロマンガでやるのが難しい面もあるんですが、やはり定番が抑えられているとグッと盛り上がりますね。


・比良坂冬『比良坂ラメント』


 71+5dSF+z4L

非セックスシーンにも比較的多くページを取り、人物の関係性を丁寧に積み重ねていくスタイル。同じジーオーティーの消火器先生とかにも近いです。
ただ、アール・ヌーヴォー的意匠も取り込む華美で情報量の多い画面、食人やガンアクションといったバイオレンス要素、短編のオチに見え隠れするホラーのセンス、世界に馴染めずとも強く孤高であろうとするゴシックな精神への傾倒、セリフやモノローグを多層的に組み合わせた時に難解ですらある語り口など、なかなかマニアックな世界が展開されています。
こう書くとサブカル寄りに思われるかもしれませんが、様々な要素がきちんと「強くてかっこよくてエロいヒロイン」に統合されているのが素晴らしいところ。「明らかに自分と同じものが好きな人だ」と思ったので、今後も活躍してほしい。次も楽しみです!


・可哀想『堕性イズム』


71fpQEbSgiL


越山先生同様、同人誌で注目していた作家さんの初単行本です。
堕胎セックスとか、部位や動きの強調のためにヒロインの体型すら変えたりとか、プレイも表現もエクストリームなのが可哀想先生。商業作でどうなるのか気になってたんですが、いつも通り超ハイテンションなエロを楽しめます(流石に堕胎はないけど)。
もう一つ本作のポイントは、熟女さんたちの年齢や性経験に関わるコンプレックスを狙ったひどすぎる言葉責め&自己卑下。みじめ可愛いヒロインさん達の中には、なんと孫にいじめられる白髪のお婆さん(短編『OVER CHANGE』)も。ロリババア以外で二世代間セックスとは……。


以上です。去年は個人的に好みなジャンルでクオリティの高い作品が多く楽しい年でした。商業から同人へという流れもあって、そろそろ同人誌は商業化単行本を待つのではなく同人誌として扱わないといけないかなという感じもします。なんにせよ、今年どんなエロマンガが読めるか楽しみです。ではでは。





毎回1つの成人向けマンガを選んで語り尽くすWebラジオエロマンガ夜話。
 第57回では、12月恒例師走スぺシャルということで、師走の翁『アイブカ!(仮)』を、レギュラーメンバー

新野安@atonkb
ひかけん@hikaken

で語ります(55, 56回は録音済みで現在編集作業中。少々お待ちください)。

エロマンガ評論本『〈エロマンガの売れ方〉がわかる本』をコミックマーケット95にて頒布予定&COMIC ZINにて委託販売予定。ゲットだ!


815k+Lj7dLL









音声ファイルはこちら。





 キーワード:師走スペシャル/でんぱ組.inc/アイドル/アイドル論/建前/矢口真里の火曜The NIGHT/非対称/『シャイニング娘。』/モーニング娘。/アイドル今昔/『ラブライブ!』/『アイカツ!』/アイドル今昔/吹き出し/視線誘導/アイドルアニメ/ティーンズラブ/アイドルたちのアイドル/イメージビデオ/アイス舐め




リクエストやお便りはこのブログのコメント欄か、ツイッターのリプライ・DMなどで受け付けております。どしどしどうぞ。

この記事は、serial experiments lain Advent Calender 2018(https://adventar.org/calendars/3510)の24日目です。




『serial experiments lain』20周年。賑やかだったメモリアルイヤーも終わりまであと一週間だ(注1)。『lain』は私のフェイバリット・アニメであり、だから『lain』について何か書きたい、いや書かなければ、と漠然たる義務感を今年一年感じてきた。好きだからこそきちんと準備した文章にしたい、だがそのための作業をする暇もなく、結局何もせず年の瀬を迎えてしまった。もう四の五の言っていられない。メモ書き程度の内容でも、何もしないよりマシだろう。



『lain』は一応、多くの人に「重要作」と認識されていると思う。だが、「電波」「怪作」という形容を同時に受けるように、決して誰もがすんなり楽しめるアニメではない。結論を先延ばしするストーリー、象徴的意味どころか文字通りの理解さえ難しい奇妙な描写。それでもめげずに私が『lain』を見切りラストに感動することができたのは、毎回冒頭に流れるOPが実にカッコよく魅力的だったからだ。中でも私がやられたのは、(オンエア版のOPでは一部カットされている)最後の歩道橋の部分である。



歩道橋を上がる玲音。最上部を歩いている彼女に風が吹き、帽子が飛ばされる。おそらくその風の発生源である烏が玲音のすぐ近くを過り、カメラの手前へ飛んでいく。モノクロになる画面、ストップモーション。


0F4E21E7-7B36-4913-ADD4-FAA7A658ECC5

5A325A3F-DE6A-4011-A49B-B9432AACA99A

A3DE15B4-26AE-464D-828E-9F8FECFD42B3




その後、色調は戻り、玲音の表情にアップ。彼女の顔にかかる烏の影は微動だにしない。玲音は歩道橋を歩いていく。彼女の背後で飛ばされた帽子が空中に静止している。


4773605E-CAB7-4A0F-A6A3-E7498CBED385

773F0B73-D473-4AAD-9A50-5F04CDB05497

D2FA0F86-6404-46D8-BD94-92BC628FBB81


この一連の映像には、『lain』本編のエッセンスが込められている。といっても、歩道橋が最終回の重要なシーンで現れるから、という話ではない。決定的な別離を経たありすと玲音の、再会と言えるかどうかもわからない曖昧な邂逅は、確かに同じ歩道橋で起こっていた。だが、仮に『lain』を初めて見る人でも、OPの歩道橋で何かしらの切なさを感じるだろうし、『lain』を見進めていくにつれ、その切なさを『lain』らしいと感じるのではないか。少なくとも私はそうだった。つまり単に似た背景が本編のシーンを思い出させて心を揺さぶる、だけではない。


112B7594-62C0-487C-956B-B653EA7FB92B


ではどういう意味でこのシーンが『lain』的であると言えるのか。それを説明するには、展開されている表現的な実験を解きほぐさねばならない。まず歩道橋の場面で驚くべきことは、玲音が視聴者と同じ、静止した世界を体験しているように見える点だ。


映える象徴的な画面を強調するために、画面を止める。ごく普通の映像テクニックであるストップモーションは、視聴者や監督が住む、画面のこちら側で生起する事態である。例えば『ドラゴン怒りの鉄拳』は、銃を構える敵との絶望的な戦いに挑むブルース・リーが飛び上がったストップモーションで終わるが、ここでブルース・リーが怒りのあまり超能力に覚醒し空中で静止したと思うものは、映画の基本的な見方を理解していない。画面の向こう側の世界では対応する静止はなく、ごく普通にブルース・リーが飛び上がり落ちる。止まったのはあくまでブルース・リーが映った映画の画面である。作品内世界から一瞬だけを切り出し、作品外世界の画面でそれを描き画面を止める、そういう事態がストップモーションであると整理できる。


98416550-D4F9-4EAB-9B5F-AB7EF13E4947


ところが、『lain』のOPではそうなっていない。ストップモーションの後映るのは、空中に静止した烏と帽子、平然と歩道橋を歩く玲音(注2)。動くことのできる玲音には、烏も止まって見えているはずだ。さっき視聴者がストップモーションで見ていたように。つまり、玲音は、視聴者にとってのみ存在するはずのストップモーションを体験している。画面の向こう側にいるはずの玲音は、画面のこちら側での演出的静止を認識している。繰り返すが、作品内の時間ではなにも止まっていない。何かが止まっているとすれば、現実の時間に対してである。従って、作品内の時間ではなく、現実の時間の中で、玲音は生きている。


では、歩道橋のシーンで玲音はアニメを飛び出し視聴者の世界にやってきたのか。例えば最終話で玲音が視聴者に向け話しかける、いわゆる「第四の壁」破りと同じ種類の事態とみて良いのだろうか。そう言い切ってしまうと、このシーンの重要な情感が切り落とされてしまう。端的に言えば、玲音はもっと寂しく見える。歩道橋のシーンのもう一つの仕掛けに注意するとその理由がわかってくる。



確かに「玲音が止まった世界で動いていること」も奇妙だ。だがそもそもこの「止まった世界」自体が変ではないか。くどいようだが、ストップモーションは映像作品の画面が止まることである。本来ストップモーションの画面は動いている作品内世界の一瞬を切り取ったものである。止まっているのは現実の二次元的な画面であり、動いているのは作品内の三次元的な世界である。ところが歩道橋のシーンでは、ストップモーションの前に風で飛ばされた帽子が飛ばされた途中の位置で静止し、多数のアングルから映されている。従って、ストップモーション以前から継承された作品内の三次元的空間で帽子は静止している。よって、ストップモーションが起こっている画面外の現実と、演出など無関係に前のシーンから人物や物体が生息していた作品内世界という、全く異なる二つの世界のうち、前者の時間と後者の空間を掛け合わせた時空が開けていることになる。この、どこにも存在しないはずの奇怪なキメラ世界自体が、この場面でもうひとつ驚くべき点である。



第四の壁を破って玲音がこちらに話しかけてくるとき、我々は玲音と、玲音は我々と繋がっている、と感じられる。ブラウン管の中にいる玲音が、ガラスを隔てて、こちらを見ている。アニメを見ている私に、今、玲音が話しかけている。会話によるコミュニケーションの前提として、時空を共有するという根源的な繋がりがそこにある。だがOPで歩道橋を歩く玲音は違う。我々の手に届かない作品内の歩道橋を歩いている。だから彼女には止まった烏は見えても我々は見えない。我々と玲音は異なる空間に隔てられている。そして彼女は自分が元いたはずの作品内世界とも交流できない。飛ばされた帽子を玲音は拾わずに歩き去るが、きっとそれは帽子が飛ばされたとか拾うとかいったことが成立しない、演出の論理によって絶対に対象が動かないストップモーションに自分がたった今入り込んだと知っているからだ。周囲と玲音は異なる時間に隔てられている。つまりここで描かれるのは、複数のリアリティを行き来することができる玲音が、結果どことも断絶した狭間でひとり迷子になる様子だ。



『lain』はそもそもそういう物語だった。ワイヤードと現実を行き来することができるがゆえに、ワイヤードにも現実にも居場所を見つけきれない。どこにでもいられるがゆえにどこにもいられない。第四の壁を超えて我々と時空を共有できても、結局砂嵐の中にすぐ飲み込まれてしまう。歩道橋の上でちょっと憂鬱そうにとぼとぼと歩く玲音から目が離せないのは、我々がそこに、作品全体で彼女が背負うことになる孤独を見て取らざるをえないからなのである。
 


注1:「2018年」をメモリアルイヤーと考えるのではなく、アニメ放送開始(1998年7月)を基準にすれば、来年の途中まで続くことになるが。
注2:静と動の対比を描くにあたり、スクランブル交差点のような動きが溢れる場所を選ばなかったのが正しい。「静止」できるのは、「動いているはず」のものである。ずっと動いていない富士山は「止まる」ことができない。だから動きの溢れる場所でこの仕掛けを展開すれば、画面に「静止」が溢れることになる。だが閑散とした歩道橋の上で、歩く玲音と比較されるのは小さな烏と帽子だけだ。情報量を削ぐクールさ。「静止」と「動作」を限られた対象に凝縮して担わせることで、画面上で対比の緊張感が高まる。


↑このページのトップヘ